スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待(産経新聞)

【石原知事会見詳報(3)】

 --(政治の世界の)第3局では、カリスマ性を持ったリーダーの存在が大きいと思うが、今の動きはどうか

 「やあまあ、政治家ね、大小いろいろいますよね。カリスマ性というとなかなか難しい分析になるけども。確かに今の与党も野党もね、癖のある政治家がいなくなっちゃったね。ほんとに一握りでね。だからその何というかな、癖そのものがねどういうエネルギーになって、政治家をどういう行動に駆るか、人によっては分かりませんけれど」

 「僕はやっぱりね、田中金権に反抗してね、青嵐会つくって、皆さん勘違いしてるけど、田中さん(角栄元首相)はロッキードで失脚したんじゃないですよ。これは金権問題で、要するに政権投げ出した。これは金の問題でね、田中派の金脈を握っている佐藤さんという女性をですね、それじゃ国会に呼ぼうじゃないかということになって田中さんその瞬間、政権を投げた。ロッキードは後から起こってきた。アメリカはね、やっぱり角さんは名が残った政治家だから必ず復活してくるだろうっていうことでね、アメリカの虎の尾を踏んだですね。これウラニウムの購入ルートというものを、アメリカに頼らずに自分で開拓しようと動き出した田中さんを非常に危険視してですね、なんと言うんでしょうかね、復活を阻止するためあの問題を起こしたと思うし、裁判もかなりいい加減なものだと思いますな」

 「でね、あの時、私もね告訴されました。それからね、やっぱり青嵐会の仲間たちもね、血判までしてね、よしこの金権では国はもたないからということで動いたんですけどもね。まあ考えてみると青嵐会というのはみんな二癖、三癖ありましたね、どの人も。あんまりいなくなっちゃった。そういう政治家ね。民主党なんかも、そういう問題で低迷してるけども、なんでその疑義をもっと国民に向かって、もっとはっきり晴らせという形での、いい意味での造反、悪い意味でも造反かも知らんけども、そういう動きが民主党の若い人が出てこないのでしょうかね。これは非常に国会を離れた立場で眺めている国民の一人としても残念ですね」

 --残念とばかり言ってられないが

 「そうですね。ですからその自民党もダメ。しからば民主党に期待したらこれもまた裏切られた。そういう心理状況の中でね、選択肢としての第3極がやってくるわけでね。私はやっぱり大きなエネルギーになるし、それがそのまま3大政党になりうるとか分かりませんけども。しかし少なくともね、レジスタンスの共同戦線を構築することはできるはずですよ。それによって、さらに自民党も分裂して、あるいは民主党も分裂してですね、新しい政界の再編成が起こってくるんじゃないでしょうか。私は、今度の選挙で第3極の存在というはすごく大事だと思っていますのでね」

 「私はそういうにくるために、群雄割拠となっているけども、やっぱり最終的には救国戦線というのでしょうかね、そういった連合体がですね、参議院の選挙寸前に、生まれていくべきだと思いますし、私もその努力をしたいなと思ってます」

 この日は、冒頭に東京マラソンの運営事務局の法人化なども発表した。

 「東京マラソン、今年3度目ですが、これを法人化いたします。この度ですね、東京マラソンを主催する法人を、都と陸連で今年6月に設立をいたします。来年2月の大会からこの法人がマラソンを主催しますけども、主要なマラソン大会でこうした法人が主催するのはわが国ではじめてのことだと思います」

 「ロンドンマラソンやニューヨークシティマラソンなどは、法人によって運営されておりましてね、この点でも世界のメジャーマラソンと同様になります。法人化しますとですね、マラソンに並行していろんな企画も立てられるようでありましてですね、今後この新法人の下でチャリティーの実施やファミリーランの充実などによって、名実ともに世界最高峰の大会に発展させるつもりであります。法人の名称は、『東京マラソン財団』として、理事長は、国際マラソン・ロードレース協会の現会長の帖佐寛章さんにお願いをいたします。この法人を設立するために都議会第2回定例会で補正予算案を提出する準備を進めております」

 「ついで、用途地域の権限移譲についてでありましてですね、政府地域主権戦略会議を設置してですね、地方分権について審議していますが、この中で都が持つですね、用途地域の決定権限を区市町村に移譲することが検討されています。この動きはですね、首都東京にとって極めて大きな問題だと思いますね。広域的な都市づくりに必要な権限を都から区市町村へ移譲して、区や市がそれぞれの判断で権限を行使することになりますと、東京はバラバラな都市になってしまう恐れがあります。多様な機能が集積するメリットの発揮や首都としての風格のある景観形成も極めて困難となります。大都市として一体的な都市づくりは不可能になる可能性はあります」

 「大都市東京においては、例えば、上下水道や消防などは、現に都が一体的に行うことで、効率的、効果的に処理できていますが、こうした実態を無視した権限移譲はかえって都民の生活に不便を及ぼすものであると思いますね。確かに地方分権は進める必要はありますが、単に機械的に権限移譲を進めるだけでなく、地方の潜在能力を発揮できるよう、地方の実情を踏まえたしくみを構築することも必要だと思います。今後、関東地方知事会なども活用しまして、他県の知事とも連携しまして、この問題について、国に対して強く申し入れをしていくつもりであります。

【関連記事】
石原知事、首相をバッサリ「聡明、決断力のある政治家とは思えない」
「福島氏の特定ではない」 石原知事、与党幹部をめぐる子孫の帰化発言で
東京マラソンを法人化 石原知事が発表 出場枠のオークションも可能に
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」

<春姫道中>徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
政党支持に地殻変動の予兆 急上昇「みんなの党」台風の目(J-CASTニュース)
台湾存立の戦いに貢献した根本博元陸軍中将、台湾国防部公式に功績を認める (産経新聞)
遠藤周作 未発表小説発見 「サディズム」テーマに(毎日新聞)
主流は重ね着、セットアップ… 人気ブランド、春の着こなし術(産経新聞)
スポンサーサイト

名門高校野球部員お手柄=逃走男取り押さえる-強盗未遂容疑・警視庁(時事通信)

 他人のキャッシュカードで現金を引き出そうとしたなどとして、警視庁高尾署が事後強盗未遂容疑で、住所・職業不詳の小林輝久容疑者(31)を現行犯逮捕していたことが21日、同署への取材で分かった。付近にいた堀越高校(東京都中野区)野球部の男子生徒が取り押さえたという。
 同署によると、容疑を認めている。
 逮捕容疑は13日午後2時35分ごろ、八王子市初沢町の京王高尾駅前郵便局で、他人のカードを使って現金を引き出そうとした際、男性職員(38)に気付かれ、暴行した疑い。職員にけがはなかった。
 同署などによると、同容疑者は逃走し、職員が追跡。同校野球部員約10人も気付いて追い掛け、1年生2人が取り押さえた。部員は同市内の練習場に向かう途中だった。 

【関連ニュース】
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警
弁当店に刃物男、60万奪う=開店準備中狙う
コンビニ強盗未遂容疑で再逮捕=41歳米国人男
78歳女性、自宅で殺害か=強盗殺人で捜査本部
強盗致傷容疑で19歳逮捕=金券店主殴り32万円

不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故-熊本地裁(時事通信)
<インサイダー容疑>あおぞら銀行員を立件へ…東京地検(毎日新聞)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因(産経新聞)

【ゆうゆうLife】施設ヘルパーの「たん吸引」容認(産経新聞)

 ■遅い環境整備、施設側にいらだち

 特別養護老人ホームに、たんの吸引や経管栄養など医療行為の必要な人が増えている。こうしたケアを、特に看護職のいない夜間、だれがするかが課題だったが、厚生労働省は4月1日、局長通知で介護職員が一定条件下で携わることを認めた。今までも現実には介護職が担っており、条件を整備し、追認した格好だ。施設側はおおむね歓迎するが、環境整備が遅いことにいらだちも募っている。(佐藤好美、清水麻子)

 ◆介護職が担う医療行為

 「今日は暖かいね。苦しい? 吸引しようか」

 横浜市泉区の特別養護老人ホーム「天王森の郷」。看護課長の久米葉子さんが、要介護5で寝たきりの高齢者に声をかけた。

 実際にたんの吸引を行ったのは介護職の布施美智子さん。まだ経験が浅いため、要所では「これでいいですか」と確認。久米さんが「そうそう、それでいいよ」と指導し、たん吸引を終えた。

 布施さんは「介護職を目指したときは、ここまでするとは思ってもみなかった。きちんと教えてもらったからできると思うが、不安は大きいです」と言う。

 飲み込みの機能が低下した高齢者の口腔(こうくう)内はたんがたまりやすく、食事の残渣(ざんさ)も残りがち。そのままだと誤嚥(ごえん)性肺炎を起こしかねない。しかし、口腔内の「たん」の吸引や、胃に管を通した「胃ろう」への栄養注入は「医療行為」。看護師など医療職の仕事に分類される。

 特養に看護職の配置は必須だが、夜間はいないところがほとんど。多くの特養で、介護職がたんの吸引などを担っているのが実態だ。

 昨春、日本介護福祉士会が行った調査では、介護福祉士など介護職が口腔内吸引に「対応している」割合は、日中で約4割、早朝や夜間は約8割。胃ろうへの栄養補給も日中で3割超、早朝や夜間では6割弱が「対応している」とした。

 ◆重度者増で医療ニーズ

 介護現場では、介護職にこうした行為の解禁を求める声が強かった。そもそも、厚労省は特養に重度者を増やすよう求めており、重度の人ほど医療行為も必要。しかも、たんの吸引も胃ろうの栄養補給も、家族がするのは違法でない。「家族がしていることを、プロである介護職が『できない』とは言えない」(ある施設長)というわけだ。

 厚労省は昨年、全国125の特養で看護職と介護職が連携し、入所者の口腔内たん吸引や胃ろうによる経管栄養を行うモデル事業を実施。結果を踏まえて今回、一定条件下では「やむを得ない」と、介護職にこれらの行為を容認した。

                   ◇

 ■配置医承認必須なら業務難しく

 ◆複雑になった手順

 冒頭の「天王森の郷」では実は2年前、たんの吸引や経管栄養のマニュアルを作成。介護職もこうした行為に携わってきた。介護職の勉強会や実習も行い、家族へも説明し、安全に業務を行ってきた自負がある。

 しかし、鈴木啓正(ひろまさ)施設長は厚労省の通知を読んで、「驚いた」という。個々の入所者について、たんの吸引をする介護職員を「配置医が承認する」となっていたためだ。配置医の診療は週1~2度で、介護職の力量までは把握していない。承認が必須なら業務は難しくなりかねない。

 「個別ケースで医師に許可を取れと言われても困る。許可することは責任を取ることと裏表だから、施設長が責任を取るなら、どの職員に頼むかも任せてほしい」という。

 いらだちの背景には、医療的ケアの必要な人が年々増えているのに、環境整備が遅々として進まないことがある。

 これに対して、厚労省医政局医事課は「看護師は医師の指示で医療行為を行う。それなのに看護職が医師の指示なく、医療行為を介護職に指示するのは難しい。配置医が現場の事情を把握していない場合は、看護職が入所者の状態や介護職の力量を医師に情報提供し、連携して対処してほしい」と理解を求める。

 ◆大筋は歓迎

 施設の中には、介護職にこうした業務が認められていないからと、医療的ケアの必要な人の入所を断ったり、医療行為が必要になると、退所を求めるところもある。しかし、鈴木施設長は「通知が出れば、家族も施設入所を求めるようになる。施設側も法的裏付けがないと心配せずに済む。利用者にはプラスだ。しかし、ほかにも服薬、つめ切り、軟膏(なんこう)の塗布など、グレーゾーンの行為は多い。特養は最後まで人間らしく、普通の生活をしてもらう場だから、家族がすることは、施設には認めてほしい」と話している。

                   ◇

 ■消極姿勢の厚労省

 たんの吸引のもう一つの課題が、在宅要介護者のケースだ。厚労省は平成17年、ホームヘルパーなどが家族に代わり、一定条件下でたんの吸引ができると認めた。

 しかし、通知から5年がたっても、たんの吸引を行うヘルパーは少なく、家族の介護負担は重いままだ。

 吸引に携わるヘルパーが増えない背景には、厚労省の消極姿勢がある。通知では「当面やむをえない措置」として認めたに過ぎない。たんの吸引に携わるヘルパーを育てる枠組みはなく、引き受ける事業所は増えないままだ。

 しかし、こうしたヘルパーが増えなければ、重度になっても住み慣れた地域で暮らせる社会は実現しない。八戸大学の篠崎良勝准教授は「安全に医療的ケアが提供できるヘルパー事業所に介護報酬をつけるなど、厚労省の誘導策がほしい」と指摘している。

<虐待>5カ月の長女を壁にぶつける 母親逮捕 愛知・常滑(毎日新聞)
閣僚の政局発言 官房長官が批判(産経新聞)
藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
<東寺>「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設-前原国交相(時事通信)

時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)

 参院本会議は14日午前、殺人罪などの公訴時効の撤廃を盛り込んだ刑法と刑事訴訟法の改正案を、与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決した。参院先議の同改正案は衆院に送付されて16日に審議入りし、早ければ今月中に可決、成立し、5月の大型連休明けにも施行される見通しとなった。

 同改正案は、強盗殺人や殺人など最高刑が死刑に当たる犯罪に時効(現行25年)を撤廃する。また、最高刑が無期懲役・禁固の強姦致死罪などは現行15年を2倍の30年に、有期刑の上限である20年の懲役・禁固の傷害致死罪などは10年を20年にそれぞれ延長される。

 改正法施行時に時効が成立していない過去に未解決事件にも、時効廃止や期間延長が適用される。

 これまでの審議の中では、捜査の長期化や事件発生から長い時間を経ることで、証拠の散逸や記憶が不確かな状態での関係者証言など、冤罪(えんざい)を生みかねない状況への懸念が指摘された。

 同改正案は犯罪被害者の遺族感情に配慮し、旧自公政権時代に法務省がまとめた内容に沿っている。民主党内は、事件ごとに判断して時効を中断する案を昨年の衆院選前の政策集に掲げており、党内には今回の改正案には疑問の声も残っている。

【関連記事】
警察庁長官銃撃事件「時効成立」で不起訴 東京地検
池袋・立教大生殺害に公的懸賞金を適用 警察庁
上戸彩、女優魂で初の刑事役に奮闘中
名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し 
眞鍋かをり「裁判の中でバッチリやります」
外国人地方参政権問題に一石

避妊具自販機投資募る=970人から10億円集金か-岐阜県警(時事通信)
ネット中傷 ドコモの上告棄却 最高裁(産経新聞)
<雑記帳>愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)
自民党 藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加(毎日新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か-家具厚生年金基金汚職(時事通信)

知的障害者 和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)

 全国でも珍しい知的障害者の和太鼓プロ集団「瑞宝太鼓」(長崎県雲仙市)が、結成10年目を迎えた。約6年前から少年院などでの慰問公演を続け、更生を誓う感想が多く寄せられている。メンバーは「もっとみんなの前でたたきたい」と意欲を燃やしているが、ボランティア公演を本格化させるには資金が必要だ。引きこもりや虐待などに悩む子供たちに向けての公演も開きたいと、各地の公演で募金を呼び掛けている。

 瑞宝太鼓は87年、社会福祉法人「南高愛隣会」(同市)の職業訓練施設を利用する知的障害者のクラブ活動として始まり、01年にプロ活動に転向。現メンバーは20~35歳の男性6人で、公演活動などによる収入で月給をもらい、グループホームなどで暮らしている。

 全国公演はこれまで1000回近くに上る。総観客動員数は約34万人。少年院や刑務所などの矯正施設への慰問は03年12月から約6年間で55カ所に上り、メンバーの元には多くの感想が届いた。

 「心の歌を聴き、自分自身の心の弱さを恥じた」。17歳の少年は感想にそう記した。さらに「自分の存在を認めてほしいと思い、人と群れ、心を見失い、非行をした」と振り返り「僕は僕らしく、前を向いて胸を張って本気で生きていきたい」と更生を誓っている。同じクラスの障害児をいじめた経験を告白した19歳の少年は「心の中の汚い部分を太鼓の音が飛ばしてくれた」とつづった。

 これまでは一般公演先の最寄りの少年院を訪れていた。だが、慰問先が限られているため、評判を聞いた少年院からの依頼を断ることもあったという。そのため、一般公演先で慰問公演のための募金を始めた。

 2月22日、東京都世田谷区の北沢タウンホールであった東京公演。長年、瑞宝太鼓を支援する都内のNPO法人「生きる意味研究所」の主催で、メンバーの豊かな表情と一糸乱れぬバチさばきに、満席の会場は大きな拍手で包まれた。

 公演後、会場出口では団長の岩本友広さん(33)らが募金を呼び掛けた。「僕らは字を書くことや計算が得意ではないけれど、太鼓が大好き。そんな姿を見てほしい」と岩本さんは話した。

 公演予定や募金などの問い合わせは、瑞宝太鼓事務局(電話0957・77・3934)。【松本光央】

【関連ニュース】
重度障害者:脳波で意思表示 産総研が開発
障害者雇用:法定雇用率を大幅に下回った7社を公表
坂田賞:毎日新聞の点字報道に
点字ブロック:発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

密約文書欠落で調査委設置=廃棄の有無解明へ-岡田外相(時事通信)
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが-奈良県警(時事通信)
「おごり一掃」「信頼回復」…入社式、再生託す(読売新聞)
棋聖戦 深浦が挑戦者決定戦進出(産経新聞)
「普天間、命がけで」首相が決意表明…党首討論(読売新聞)

「仕分け調査員」に新人95人=民主(時事通信)

 4月下旬からの事業仕分け第2弾について、民主党の当選1回の衆参両院議員95人が仕分けの準備を行う「仕分け調査員」に決まり、同党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)が2日、調査員への説明会を開いた。
 枝野幸男行政刷新担当相は「活力ある皆さんに細かく鋭く調査をしてもらえれば、昨年以上の事業仕分けができる」とあいさつ。蓮舫参院議員らが準備作業の注意点を説明した。
 調査員は、鳩山由紀夫首相が事業仕分けへの新人議員の活用を求めたことを受け、民主党が選出した。10グループに分かれて約900の公益法人について調査し、その結果を12日に同研究会に報告する。 

【関連ニュース】
閣僚外遊、随員最小限に=枝野行政刷新相
18公益法人の役員兼務=刷新会議の茂木氏
「選挙なら捕まる」「許されない」=閣僚から発言
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下
参院2人区、複数擁立を支持=首相と輿石氏

改正貸金業法 健全な借り手への配慮を(産経新聞)
放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし-茨城(時事通信)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ-鳩山首相(時事通信)
納豆ネバネバに効果あり、池の濁りスッキリ(読売新聞)
車内で火遊び?全焼、幼い姉妹煙吸う(読売新聞)

非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに-政府(時事通信)

 水俣病不知火患者会(熊本県水俣市)が国などに損害賠償を求めた訴訟で29日、事実上の和解が成立したことを受け政府は、裁判によらず水俣病救済特別措置法に基づく救済を求めている被害者に対しても、和解所見(和解案)と同様の条件で救済する方針だ。裁判、特措法のそれぞれによる救済対象判定手続きを、犠牲者慰霊式がある5月1日までにスタート。対象者を早期に確定させ、全面的な解決を目指す。 

【関連ニュース】
水俣病訴訟で初の和解成立=公式確認から半世紀余り
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
水俣病慰霊式、出席に前向き=鳩山首相
参院選へ試練はこれから=予算成立に達成感なし

皇后さまが障害者の工芸展に(時事通信)
<科学部>がんばれ…中高100校に振興機構が活動資金支援(毎日新聞)
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
普天間問題「皆が納得する案を努力している」 防衛政務官、米国防次官補と会談(産経新聞)
あがらの言葉、後生に 和歌山県の方言、デジタル音源化(産経新聞)
プロフィール

ミスターかつのりしらき

Author:ミスターかつのりしらき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。